SORCIER KENNEL
529-4 Nakano Fuji-shi Shizuoka-ken 417-0809 Japan
tel:0545-35-4864
mail:info@sorcier-kennel.com

CREAMはCシリーズの劣性側となります。atのヘテロにより差し毛を司ります。
CREAMはとてもやわらかい印象で実際の毛質も柔らかく上品な感じがします。過去、ダップルに人気がつく前にはクリームが一番人気で当時もてはやされました。
CREAMもRED同様その中にはいくつかの色合いがあります。CREAM、SHADED CREAM、PURE CREAMなどです。
しかしREDと違い犬舎毎の判断基準の差はあまりなく差し毛のないクリーム色のCREAM、差し毛のあるSHADED CREAM、クリーム色の様に黄色みが無い真っ白なPURE CREAMといった感じでしょうか。
PURE CREAMは一時白さを競ったころから比べるとあまり耳にしなくなりました。
CREAMの基準については前述のような感じですがSHADED CREAMという枠の中では全く異なった毛色となります。
生後間もなく差し毛が抜けてCREAMの様になるものや、逆に色素が濃くBRACK&CREAMに近いくらい差し毛が多いものもあります。後者の場合全体的にクリーム、オレンジ、ブラウン等の色が混ざり合ったグラデーションとなり、また季節の変化によっても色の乗り方が変わります。
後者については同じクリームにしてもフェオメラニンに対する影響の差が大きく、私も単にチンチラの影響だけではないのではないかと思った時期もありました。atのホモにエクステンションのヘテロによる影響によるものではないかと考えもしました。しかしatのホモのミニチュアダックスフンドに差し毛の濃いSHADED CREAMのミニチュアダックスフンドとの交配で差し毛の濃くないSHADED CREAMやSHADED REDが生まれるという事実により、差し毛の濃いSHADED CREAMはatのホモではないと裏付けられました。
CREAMの作出についても他の劣性色同様安易な方法をとると後悔する結果となります。


SORCIER KENNELバナーです。リンクフリーです。 About Us | Site Map | Privacy Policy | Contact Us | ©2005 SORCIER KENNEL All Rights Reserved